乾燥が気になる肌に!ファンデーションにオイルを足して乾燥対策

乾燥が気になる肌に!ファンデーションにオイルを足して乾燥対策

メイク前にしっかりとスキンケアをしたのに、乾燥が気になるという場合、ファンデーションを塗るときにオイルを使うと効果的です。

用意するものはフェイス用のオイルと、使用しているファンデーションです。

パウダーファンデーションの場合、まず先にオイルを気になる部分に塗っておきます。肌に馴染んだらその上からファンデーションを乗せます。

リキッドやクリームファンデーションのように、一度手の平に出してから使用する場合、オイルを一滴混ぜます。混ぜたファンデーションを肌に乗せれば、乾燥から肌を守りながらファンデーションの馴染みがアップします。
この場合、オイルは肌に塗らず、ファンデーションに混ぜるだけで大丈夫です。
乾燥が気になるからと言ってオイルを塗り過ぎると、肌がべたつき化粧崩れが起こりやすくなってしまいます。

元気で長生きするために!「健康貯金」ってなんだ?

元気で長生きするために!「健康貯金」ってなんだ?

「できれば病気などせずに健康で長生きしたい」と
思っている方は多いでしょう。

そのためには、毎日の生活の中でコツコツと「貯金」をすることが
大事だという考え方があるんです。

その名も「健康貯金」です!

健康貯金とは、簡単に言うと、「身体に良い」行為を
毎日少しずつでもいいから行うことなんですよ。

例えば、野菜を充分に摂ったり、適度な運動をしたり、
趣味に打ち込んでストレスを発散したり、
質の良い眠りを確保したり…

何気ないことですが、これらの行為を毎日コツコツ繰り返すことで
健康でいられる確率が高まるのだそうです。

逆に、喫煙をしたり、過度に飲酒をしたり、
ストレスを受けたりすることは健康貯金を消費してしまう行為と言えます。

将来の健康のために、コツコツ努力することは大事!
貯金の消費を抑え、残高を増やすために毎日ちょっとだけ
意識していきたいですね。

気になる!韓国コスメは安心して使えるの?

気になる!韓国コスメは安心して使えるの?

韓国コスメって安いのに使用感が良いということで
人気がありますよね。
使っている方も多いので安心感も比較的高いですが、
調べてみると、やっぱり注意すべき点があるようです。

まずは成分について!
海外コスメ全般に言えることですが、日本に入ってきているものと
現地で売られているものでは微妙に成分が違うことがあるんです。

そのため、日本で手に入れて使用感が良かったから…と
現地で同じ名前の商品を買って使うと
肌に合わない場合もあるのだとか。

さらに、何らかの肌トラブルや異物混入などの異変があった時に
問い合わせ先がわからない…というリスクもあります。
現地で買ったコスメを使う時には、
お肌の状態をきちんと観察し、
トラブル時の問い合わせ先も確認しておきたいですね。

パンデミックの恐れも…「日本カビ」はどんな人が気を付けるべき?

パンデミックの恐れも…「日本カビ」はどんな人が気を付けるべき?

カンジダ・アリウス(通称:日本カビ)という真菌が
世界で猛威をふるっているというニュースを目にしました。

カンジダアリウスは日本人の研究者が発見したことから
「日本カビ」と呼ばれているそうですが、
近年、抗生物質や抗真菌剤に耐性のある種類が見つかって
話題になっているようですね。

海外では死者も出ているので日本への影響も心配ですが、
カンジダアリウスは健康な人にとっては
あまり心配する必要のないカビなんですって。

気を付けるべきなのは、入院している方や
抵抗力が落ちている方、抗真菌剤を使用している方…とのこと。
日本カビは病気療養中の方にとっては怖い菌なんですね!

まだ日本での感染は確認されていないようですが、
念のため今後のニュースはチェックしていきたいですね!

クマを上手に隠すテクニック♪ポイントは「色」にありました

クマを上手に隠すテクニック♪ポイントは「色」にありました

目の下のクマって、コンシーラーで隠すと逆に目立ってしまうことって
ありませんか?

そんな時は、「補色」の考え方を取り入れることで解決することが
できるかもしれません!

補色、つまり、反対色をもとの色に重ねると、
色味を上手に抑えることができるんです。
例えば、赤の反対色は青、緑の反対色は紫…という風な感じですね♪

具体的には、黒クマには赤、青クマにはオレンジ、茶クマにはグリーン系が
良いと言われています。
でも、そんな色のコンシーラーは無い…そんな時は、
コントロールカラーを目の下にだけ使ったり、
チークや口紅をコンシーラーの下に薄く伸ばすことでも
クマ隠しができます!

また、複数の色を混ぜるタイプのコンシーラーも
良いかもしれませんね♪

クマが上手に隠せない…。そんな時は是非、
「補色」のテクニックを取り入れてみてくださいね。

歯の健康を妨げる!「歯石」の正体ってなんなの?

歯の健康を妨げる!「歯石」の正体ってなんなの?

歯医者さんに行って、「歯石」の除去を勧められたことってありますか?
歯石は歯に付着する石のように固いもののことなのですが、
その正体ってなんなのでしょうか?
歯石があるとなぜ悪いのでしょうか?

調べてみると、歯石の正体は「歯垢」が唾液と反応することによって
石灰化したものだということが分かりました。

歯石の表面はデコボコしているので、汚れが付着しやすいのだそう。
そのため、歯石を放置していると
虫歯や口臭、歯周病の原因になってしまうこともあるようですよ。

だから、歯石の除去を勧められるんですね~!

歯石があると見た目上も良くないですし、
さっさと除去した方が良さそうですね!
歯石があると自覚している方は早めに歯医者さんに行ってみてくださいね!

背中ニキビができてしまったときの正しい洗い方

背中ニキビができてしまったときの正しい洗い方

背中ニキビができてしまった場合、気を付けたいのが毎日のバスタイムです。間違えた洗い方をしてしまうと、背中ニキビが酷くなってしまうこともあります。

背中ニキビができてしまった場合、まずは普段使っているタオルを見直しましょう。
体を洗うタオルはなるべく低刺激のものを選び、摩擦で背中を傷付けないようにします。綿や柔らかい素材のもので作られたタオルで洗いましょう。

洗い方にも注意が必要です。肌を擦るようなゴシゴシ洗いは、ニキビを悪化させる原因となるのでNGです。タオルではなく泡で洗うイメージで、丁寧に優しく洗いましょう。
また、シャンプーやリンス、ボディーソープの洗い残しにも気を付けましょう。背中に残ったままになっていると、ニキビを悪化させるだけでなく、新しいニキビを作り出す原因になってしまいます。

活性酸素を減らす飲み物

活性酸素を減らす飲み物

活性酸素の増えすぎは肌の老化を招きます。今回は、手軽に活性酸素を除去できる方法の一つとして、抗酸化作用の高い飲み物をご紹介します。

抗酸化作用とは、体の酸化を防ぎ活性酸素を減らす働きを持っているものです。美容だけでなく、健康にも欠かせない働きとされ、幅広く使われています。
抗酸化作用の高い飲み物としてあげられる代表的なものが、緑茶、赤ワイン、ココア、豆乳です。
緑茶に含まれている抗酸化物質はカテキンです。殺菌作用も高く、美容だけでなく健康にも効果が期待できます。

赤ワインとココアに含まれているポリフェノールは、自然界に存在する色素の一つで、抗酸化作用の中でも高い効果が期待できるとされています。
豆乳に含まれている抗酸化作用は、フラボノイドという成分です。こちらも色素の一つで、抗酸化作用による老化防止だけでなく、ウイルス感染やがん予防などにも効果が期待できると言われています。

ニキビ肌改善のための正しいスキンケアの使い方

ニキビ肌改善のための正しいスキンケアの使い方

ニキビ肌を改善するには、普段のスキンケアを見直す必要があります。何気なく使っているスキンケアですが、使い方次第でニキビを改善させることができますし、逆に悪化させる原因にもなります。
今回は、ニキビ肌を改善するための正しいスキンケアの使い方をご紹介します。

スキンケアで一番重要なのが、使う順番です。
洗顔後、まずは化粧水で肌の保水をしましょう。保水が足りない肌はニキビを悪化させたり、新しいニキビを作り出す原因となってしまいます。
化粧水の跡は乳液を付けます。すぐに付けるのではなく、化粧水が肌に馴染むまで5分ほど置きましょう。目元や口元、鼻などの凹凸部分は塗り忘れてしまいがちなので、指先に乗せて丁寧にムラなく付けましょう。

最後にクリームで蓋をします。美容液を使う場合は、クリームを塗る前に使いましょう。
鏡でチェックし、余分な油分が浮いている場合はティッシュで軽く押さえてオフしましょう。

ニキビとストレスの関係性

ニキビとストレスの関係性

ニキビの原因の一つにストレスがあげられます。
現代社会において、ストレスは誰もが抱える身近な問題です。ストレスはニキビだけでなく、美容や健康において様々な悪影響を及ぼします。

人間はストレスを受けると、自律神経の働きが乱れます。自律神経は体の様々な部位に働きかける重要な部位ですが、ストレスを受けることで自律神経に乱れが生じ、皮脂の過剰分泌が起こります。

過剰分泌された皮脂は毛穴に詰まり、菌と結びつき肌の上で炎症を起こします。これがニキビを作り出してしまうのです。

ニキビを作りださないためには、ストレスを溜めないような生活が必要です。適度な運動やストレッチ、充分な睡眠時間の確保など、規則正しい生活習慣はストレスを溜めない体を作ってくれます。

また、趣味に没頭する、他人とお喋りするなども、ストレス解消の一つの手段です。ストレスを溜めすぎず、ニキビを作りださない肌環境を作りましょう。