制汗剤を顔に使う際の注意点

制汗剤は手軽に使える便利なグッズですが、使用する際には注意が必要です。
特に顔への使用には、いくつかの注意点があります。

顔に制汗剤を使用する際は、ボディ用は避けましょう。ボディ用制汗剤は刺激が強く、皮膚が薄い顔には向きません。
使用すると、場合によって肌荒れを引き起こしてしまいます。

手軽に使えるスプレータイプにはフェイス用のものがあります。
さっぱりとした使用感で使いやすいですが、目や粘膜に付着すると炎症を引き起こしてしまいます。
スプレーを吹きかける際は目と口をしっかり閉じましょう。
特Pと軒先パーキングはどっちがおすすめ?
クリームやジェルタイプの制汗剤もあります。
肌に優しく顔に優しい制汗剤ですが、肌への密着度が高く成分がダイレクトに肌に当たります。
配合成分が肌に合わない場合、肌荒れなどのトラブルの原因となるので、使用する前に成分表を必ずチェックしましょう。
また、油分が多いとメイク崩れをしやすくなるので、使用するタイミングにも注意が必要です。

Comments are closed.