夏場向けシミ消しファンデーションの使い方

夏場は汗や皮脂で化粧崩れが起こりやすいです。このため、ファンデーションでシミを消す場合は使い方と選び方が大切になります。

ファンデーションはパウダータイプを基本として、リキッドファンデーションを使う場合は薄く伸ばすように付けましょう。
シミが気になる部分にはコンシーラーを使います。こちらも薄く乗せ、肌から浮かないように気を付けてください。
駐車場の貸し出しサービスってトラブルにならない?
コンシーラーを使うタイミングはファンデーションにより異なります。
パウダーファンデーションの場合、コンシーラーは先に使い、その上からパウダーでカバーして使いましょう。
リキッドファンデーションの場合、まずは肌全体の色を整えてからコンシーラーを使います。
使うタイミングを正しくすることで、シミをうまく隠しメイクノリもよくなります。

Comments are closed.