肝斑とは

CMなどで肝斑という言葉を聞いたことがあると思います。
肝斑はシミの中でも特徴的で、左右対称にできる、濃淡が同じというシミです。

肝斑ができるのは30代から40代が主で、できる場所はほほ骨や額、鼻の下などの部分です。
また、肝斑は閉経とともに自然と消えてなくなることがほとんどで、妊娠中やピルの服用中にもできるので、原因やメカニズムに女性ホルモンが関係しているのでは、とされています。
駐車場を貸したらこんなトラブルに?!
肝斑は閉経後に消えるのがほとんどですが、普通のシミと見分けが付きにくいので、放置せずきちんとケアをしましょう。
近年では、肝斑にピンポイントで効果が期待できるスキンケア商品が販売されているので、これらのスキンケアをうまく活用しましょう。

Comments are closed.