シミのレーザー治療後のダウンタイムはどのくらい?

シミに対するレーザー治療は基本的に日帰りで終了しますが、肌が元の状態に戻るまでにダウンタイムが必要です。
レーザーは高温で、治療後は肌が火傷の状態になっています。これをテープで保護し、肌が元の状態に戻るまでの期間がダウンタイムと呼ばれます。

シミのレーザー治療のダウンタイムは、長くて半年、短くて1ヶ月程度です。
治療後、10日前後でかさぶたが剥がれ落ち、徐々に肌が元の状態に戻ります。かさぶたがなくなった後はしばらく赤味が残りますが、肌のターンオーバーを繰り返すことで段々きれいな肌になってくるのです。
個人で駐車場を貸し出すこんな方法があった!
完全な肌状態に戻るまで、施術を受けたクリニックで経過観察を行います。医師の指示に従い、治療を進めましょう。異常が見つかったらすぐに医師に相談してください。

Comments are closed.