ビタミンC誘導体には色々な種類がある?

ビタミンC誘導体と一言でまとめても、その種類は様々なものがあります。大きく分けると、三つの種類に区分できます。

まず一つ目の水溶性ビタミンC誘導体は、化粧水に使用されることが多いタイプです。特徴としてはさらっとしており、皮膚への吸収が早い速効性が挙げられます。
スキンケアのべたつきが気になる、という方におすすめのビタミンC誘導体です。

二つ目の油溶性ビタミンC誘導体は、名前の通り油分が多めなのが特徴です。高い保湿力があり、クリームやジェルタイプのスキンケアに使用されます。
水溶性ビタミンC誘導体と比べ、肌の奥まで浸透しやすく、より確実に美肌効果が得られると言えます。

三つ目は、上記二つのビタミンC誘導体の特徴を兼ね備えたハイブリットタイプです。
従来のどのビタミンC誘導体より浸透率が高く、高い効果が期待できるのに対し肌への負担が少ないので、近年ではこのハイブリットタイプのビタミンC誘導体の研究が進められています。

Comments are closed.