ビタミンC誘導体とビタミンCの違い

ビタミンCとビタミンC誘導体の最大の違いは、人工的に作られたものか、食品などに元から含まれている自然の成分か、という点です。

ビタミンCは果物や野菜など、様々な食品に含まれています。これを摂取することでビタミンCの効果を得ることができます。
一方ビタミンC誘導体は、ビタミンCをスキンケア用に人工的な改良を施した成分です。分子と結合させ、壊れやすく酸化しやすいビタミンCの欠点を取り除きました。
また、ビタミンC誘導体は安定性が高く、肌への浸透率が高いのが特徴です。ビタミンCをそのまま肌に塗ってもほとんど浸透せず、美肌効果は得られません。

毛穴のない美肌作り

また、美肌のためにビタミンCを摂取したとしても、肌に使われる分はほとんどなく、体のあらゆる部分で消化、吸収されてしまいます。
このため、ビタミンCで美肌作りを使用と思ったら、確実に肌に届くビタミンC誘導体の方が高い効果が期待できます。
ビタミンC誘導体入りのスキンケアは種類豊富に取り揃えられているので、自分に合った商品を見付けましょう。

Comments are closed.