APPSビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体には様々な種類があります。そのうちの一つで、今最も注目されているのが「APPS」と呼ばれているものです。

APPSは正式名称「パルミチン酸アスコルビルリン酸ナトリウム」と言い、リン酸型のビタミンC誘導体に油溶性の特性が付加されたものを指します。
最大の特徴がその浸透力で、従来のビタミンC誘導体と比べて100倍もの浸透力があると言われています。
肌の奥深くまで浸透するので、特にアンチエイジング効果に期待ができます。
即効性、浸透率の高さ、両方を兼ね備えた機能性の高いビタミンC誘導体がAPPSです。

美肌を作るヒント

一方で、デメリットもあります。
APPSは原材料が粉状となっており、保管が難しいため大量生産には向きません。このため、APPSを利用したスキンケア商品は高額になりがちで、手に入りにくくなっています。
また、直射日光や湿度といった外部の変化に弱いので、長期保管に向きません。封を開けたら冷蔵庫などの一定の温度と湿度が保たれる環境に保管しながら、短期間で使い切る必要があります。

Comments are closed.