油溶性ビタミンC誘導体の効果的な使い方

油溶性ビタミンC誘導体は、しっとりとしたテクスチャが特徴です。
名前の通り油脂性のスキンケア成分で、クリームやジェルタイプのスキンケアに多く使用されます。
ビタミンC誘導体は高い浸透力が特徴で、肌の奥まで浸透するという特徴があります。油溶性ビタミンC誘導体は、それに加え高い保湿効果が期待できます。

効果的な使い方として、化粧水の後に使うのが一番いいタイミングです。
洗顔後、肌は水分が少なくなります。化粧水でしっかり水分を補給してから油溶性ビタミンC誘導体を使いましょう。
油溶性ビタミンC誘導体は、セラミドやレチノールといった保湿効果のある成分と一緒に使われることが多いです。このため、浸透力と保湿効果の二つの効果が期待できます。

化粧水の後に油溶性ビタミンC誘導体を使い、その後更に美容クリームを使うのが一般的です。
しかし、美容クリームによっては肌の油分が多くなり、肌トラブルの原因となってしまいます。
肌の調子やスキンケアの油分を見ながら、適宜調節しましょう。

Comments are closed.