水溶性ビタミンC誘導体の効果的な使い方

水溶性ビタミンCはしっとりとした使用感で、化粧水に使われることが多いです。名前の通り水に溶ける性質を持っている反面、油には溶けにくく他のビタミンC誘導体と比べ、肌の奥まで浸透しにくいという特性を持っています。
このため、皮脂がない状態の洗顔後に使うのが最も効果的です。使用されるスキンケアは化粧水が多いので、洗顔後一番最初に使いスキンケアとしても使いやすいです。
ビタミンC誘導体が浸透しやすくなるように、洗顔は丁寧に行いましょう。水気を軽くふき取ってから使います。

水溶性ビタミンC誘導体は、あくまでビタミンCの効果を肌に浸透させるものです。このため、保湿は別のスキンケア商品を使いましょう。
保湿ケアは、ビタミンC誘導体入りの化粧水がしっかりと肌に浸透してから行いましょう。浸透しきらないうちに使うと肌の上で混じってしまい、保湿ケアもビタミンC誘導体の効果も半端なものになってしまいます。
使用時に肌がピリピリする場合は、先にいつも使っている化粧水を塗りクッション替わりにしましょう。

Comments are closed.