Archive for 2月, 2019

水溶性ビタミンC誘導体の効果的な使い方

水溶性ビタミンCはしっとりとした使用感で、化粧水に使われることが多いです。名前の通り水に溶ける性質を持っている反面、油には溶けにくく他のビタミンC誘導体と比べ、肌の奥まで浸透しにくいという特性を持っています。
このため、皮脂がない状態の洗顔後に使うのが最も効果的です。使用されるスキンケアは化粧水が多いので、洗顔後一番最初に使いスキンケアとしても使いやすいです。
ビタミンC誘導体が浸透しやすくなるように、洗顔は丁寧に行いましょう。水気を軽くふき取ってから使います。

水溶性ビタミンC誘導体は、あくまでビタミンCの効果を肌に浸透させるものです。このため、保湿は別のスキンケア商品を使いましょう。
保湿ケアは、ビタミンC誘導体入りの化粧水がしっかりと肌に浸透してから行いましょう。浸透しきらないうちに使うと肌の上で混じってしまい、保湿ケアもビタミンC誘導体の効果も半端なものになってしまいます。
使用時に肌がピリピリする場合は、先にいつも使っている化粧水を塗りクッション替わりにしましょう。

ビタミンC誘導体はアンチエイジングにも効果的

幅広い効果が期待できるビタミンC誘導体ですが、アンチエイジングにも効果が期待できます。

ビタミンC誘導体の働きの一つに、新陳代謝促進効果があります。肌の新陳代謝はターンオーバーと呼ばれており、これが行われることで古い角質が自然と剥がれ、新しい肌が作られます。
しかし、肌のターンオーバー機能は加齢とともに衰えてしまいます。ビタミンC誘導体は、衰えたターンオーバー機能を外側から促し、新しくキレイな肌を作り出してくれます。

また、ビタミンC誘導体にはコラーゲン生成能力の向上効果があります。
コラーゲンは肌のハリの元です。ビタミンC誘導体の力でコラーゲンが増えることにより、肌の内側からハリのある肌作りをしてくれます。
ハリのある肌は、加齢によるシワやたるみを自然な形でカバーしてくれるので、見た目年齢を若く見せてくれます。

このように、ビタミンC誘導体はアンチエイジング全般に効果が期待できる成分です。
実際にアンチエイジング向けのスキンケアにも多く使われているので、気になる方は是非探してみてください。

ビタミンC誘導体の美肌効果

ビタミンC誘導体が人気のスキンケア成分となったのは、その美肌効果の幅広さが理由の一つです。

ビタミンC誘導体の特徴の一つが、抗酸化作用の高さです。これにより肌の活性化を防ぎ、シワやたるみといった老化現象から肌を守ります。また、コラーゲンの生成能力を向上させ、肌の内側からハリのある肌にしてくれます。
肌に自然なハリができると、ニキビ跡などの肌の凹凸が目立たなくなってきます。肌を平らにしてキレイな見た目にしてくれるのです。

また、ハリのある肌は毛穴を目立たなくしてくれます。
毛穴レスの肌は見た目の印象を若く見せると同時に、毛穴から雑菌が入るリスクが少なくなるので、ニキビや炎症などの肌トラブルを防ぐことができます。

更に、ビタミンC誘導体は肌の新陳代謝を高めます。
肌は定期的にターンオーバーを繰り返し新しい肌が作られますが、老化や生活習慣によりこの働きは低下します。
ビタミンC誘導体は、肌の外側から新陳代謝を促し、肌を活性化させてくれるのです。