Archive for 12月, 2018

乾燥肌が引き起こすかゆみを予防する方法

乾燥肌が引き起こすかゆみを予防する方法

乾燥肌によるかゆみは大きな負担になります。かゆみを我慢することによるストレス、肌をかいてしまうことでかゆみと乾燥が悪化するといった悪循環を引き起こします。
今回は、乾燥肌によるかゆみを予防する方法をご紹介します。

乾燥肌は肌の保護機能が低下した状態で、少しの刺激でもかゆみを引き起こします。
衣服や寝具の摩擦もその一つです。刺激を少なくしてかゆみを引き起こさないためには、肌に触れるものを刺激の少ない素材にするようにしましょう。ウールなど目の粗いものはかゆみを引き起こすので、コットンやシルクなど肌触りの良いものを選びましょう。

美しい肌と健康な体作り

肌が最も乾燥する入浴後はかゆみが生じやすくなります。かゆみを感じる前に、ボディクリームや化粧水で肌をしっかり保湿して外部ダメージから肌を守るのも効果的です。
また、熱すぎるお湯も強い刺激になります。乾燥肌になっている時は、40℃以下の温めのお湯で肌への刺激を少なくしましょう。

メイクでクマを隠す裏技!~化粧下地編~

メイクでクマを隠す裏技!~化粧下地編~

いきなりできてしまったクマを隠す方法としてオススメなのが、化粧下地を使ったメイクです。
いつものメイクに少しの工夫でクマを隠すことができるので、時間のない忙しい朝でも時間をかけずにできる簡単な方法です。

まず、顔全体に自分の肌色よりワントーン明るい下地を塗っていきます。
目の下は薄く塗るようにしましょう。よく動く目元は化粧がヨレやすいので、クマを気にして厚塗りにすると化粧崩れで逆に目立ってしまいます。
下地を全体に塗ったら、その上からコントロールカラーの下地を塗ります。茶クマはピンク系、青クマはピンクかオレンジの下地を使いましょう。
ここでも厚塗りは厳禁です。クマに沿って塗るのではなく、目の下から頬に向かって垂直に塗ります。指の腹で軽く叩いて、全体を馴染ませたら終了です。
明るすぎる色や厚塗りは、クマを悪目立ちさせてしまうので注意しましょう。

たるみを引き起こす運動不足の解消方法

たるみを引き起こす運動不足の解消方法

運動不足は肥満や病気の原因に繋がりますが、たるみの原因にもなります。

運動不足に陥った身体は血行不良になりがちです。血行不良は体内の余分な水分を排出することができず、体内に水が溜まるむくみを引き起こします。
特に顔はむくみが目立つ部分で、このむくみを放置しておくとたるみの原因となります。むくみ改善のマッサージなども数多くありますが、根本的な原因である運動不足を解消しなければいずれたるみを引き起こしてしまいます。

運動不足を解消するには、ウォーキングがオススメです。特別な道具は必要なく、すぐに始められるお手軽な運動方法です。
通勤や通学の時間に徒歩を取り入れてみたり、作業の合間の休憩時間に体を動かす習慣を身に付ける、階段を使って移動するなど、ちょっとの工夫で生活の隙間に取り入れることができます。
まずは体を動かす習慣を身に付け、運動不足を解消しましょう。

乾燥肌のかゆみ対策方法

乾燥肌のかゆみ対策方法

乾燥肌は、肌がカサカサになるだけでなく、時に強いかゆみを引き起こします。今回は、乾燥肌の時のかゆみ対策法に付いてご紹介します。

まず、かゆみを感じても絶対にかいてはいけません。肌をかくという行為は、指と肌の間に強い摩擦を生じさせ、かゆみと乾燥を余計に酷くしてしまいます。
すぐにできる方法として、肌を冷やす方法があります。冷やすことで肌の感覚を鈍くさせ、一時的にかゆみを抑制することができます。冷却材をタオルで包み、かゆみを感じる部分に当てましょう。
かゆみが続く場合、市販のかゆみ止めを使うのも効果的です。自分の肌に合ったかゆみ止めを選びましょう。
それでもかゆみが治まらない場合は、すぐに皮膚科で診察してもらいましょう。正しい診察と治療を受けることで、かゆみを改善することができます。

整腸やダイエット目的で!?「チョコレート」を機能で選ぶ時代が来るかも?

整腸やダイエット目的で!?「チョコレート」を機能で選ぶ時代が来るかも?

チョコレートっておいしいですよね。
特に冬は新製品がたくさん出るのでチョコ好きにはうれしい季節!

チョコレートって普通のものでも
「カカオポリフェノールが健康に良い!」などと
その有用性が議論されていたりしますが、
最近では特定の機能を持ったチョコレートも販売されているんですよね。

例えば、「乳酸菌」が入ったチョコ!
手軽に乳酸菌が摂れて、腸内環境を整えられそうで良いですよね。

また、「脂肪の吸収を抑える」機能を持ったチョコレートもあります。
チョコレートって太りそうなお菓子なので
これはかなり意外な機能ですよね~。

もちろん、これらのチョコレートを食べたからと言って
「すぐ健康になれる!」とか「痩せる!」というわけではないとは思いますが、
これからはチョコレートを機能で選ぶ時代が来るかもしれませんね。

いろんな機能のあるチョコレートが増えるのが楽しみです♪