砂糖や油はイメージあるけど…実は「塩分」の摂りすぎも肌荒れの原因だった!

甘いものや脂っぽいものを食べるとニキビができる!肌荒れする!
というイメージは一般的ですが、
実は、「塩分」の摂りすぎもお肌にとっては良くないって
ご存じですか?

塩分を摂りすぎると、内臓(特に腎臓など)に負担がかかってしまいます。
そうすると代謝や免疫力が低下するので
肌荒れを起こしやすくなってしまうのだそう。

また、塩分が過剰になると身体の中の水分バランスを保つために
細胞から水分が失われやすくなってしまうんですって。

そのため、塩分の多いものを食べ過ぎると
お肌の潤いやハリが低下してしまうと考えられるんですよ。

糖質・塩分、上手に摂ろう

塩分、油分ともに多いスナック菓子やインスタント食品などは
要注意ですね!
肌荒れと塩分の関係は今まであまり意識していませんでしたが、
これからはちょっと注意していきたいと思います!

Comments are closed.