シミ対策のための日焼け止めのNGな使い方

シミ対策のための日焼け止めのNGな使い方

日焼け止めは紫外線から肌を守り、シミ予防に高い効果が期待できますが、間違えた使い方は逆にシミを作り出す原因になってしまいます。
今回は、日焼け止めのNGな使い方をご紹介します。

日焼け止めは塗るだけで紫外線をカットしてくれるものですが、効果が高い分肌への負担も大きくなります。SPFやPAの表示が大きくなればなるほど、紫外線をカットする効果はアップしますが、その分肌にダメージを与えてしまいます。
これを防ぐために、シーンに応じた日焼け止めの使い方をする必要があります。SPFやPAが高いものは、長時間の外出や紫外線が特に多い時期に使い、普段使いはSPFやPAの値が少ないものを使いましょう。
日焼け止めを落とす際、肌をゴシゴシと洗ってしまうのもシミを作り出す原因になってしまいます。専用のクレンジングや、ミルクタイプやジェルタイプの刺激が少ないクレンジングを使い日焼け止めを落とし、その後にボディソープで体を洗いましょう。

Comments are closed.