Archive for the ‘未分類’ Category

食べても太らない人の秘密…それは「痩せ菌」にありました

食べても太らない人の秘密…それは「痩せ菌」にありました

「食べても太らない」体質の人ってうらやましいですよね!

それとは逆に、あんまり食べなくても太ってしまう人も
いるんですよね~!

その違いは、「痩せ菌」にあるというんです。

痩せ菌とは、簡単に言うと体内の「善玉菌」のこと。
もっと限定すると、腸内の善玉菌、『ビフィズス菌』や『乳酸菌』のことを
指すんですって。

腸内環境が整っていて痩せ菌を多く持っている人は
消化・吸収がスムーズで代謝も活発になるので
太りにくいのだそう。
そのため、痩せ体質になりたいなら、腸内環境を整える必要があるんですね。

そのためには、ヨーグルトや納豆、味噌、その他発酵食品を食べたり、
痩せ菌のエサになる、水溶性の食物繊維を積極的に摂ると
良いそうですよ。

痩せ菌が増えれば便秘も解消されて
痩せ体質になれて…いいこと尽くめ!
是非、痩せ菌の住みやすい腸内環境を手に入れたいですね!

自爪の健康…紫外線の害…ジェルネイルを楽しむなら注意したいポイントはこれ!

自爪の健康…紫外線の害…ジェルネイルを楽しむなら注意したいポイントはこれ!

長持ちする、マニキュアのようなニオイがない、
いろんなデザインが楽しめる…などのメリットから、
ジェルネイルはすっかり定着したように感じます。

しかし!そんなジェルネイルにはデメリットもあるんです。

ジェルネイルは爪をやすりで削って定着させるテクニックを使うため、
頻繁にジェルネイルをやり直していると
爪が弱くなり、痛みや割れが生じてしまうことがあるようです。

また、ジェルを硬化させる際に使われる紫外線ライトによる害についても
警告の声があるようです。
肌への刺激となってしまうので、あまり頻繁にライトを浴びるのは
避けた方が安全かもしれませんね。

いずれも、信頼できるサロンを選んだり、
一定期間爪を休ませることで対処できます。
自爪やお肌の健康や美しさのために、
ジェルネイルを楽しむ時はちょっとだけ注意してみてくださいね!

メイクでシミを隠すタイプ別ベースメイクの選び方

メイクでシミを隠すタイプ別ベースメイクの選び方

シミをメイクで隠したい、という方は、自分のシミのタイプによって合う化粧品を選びましょう。

部分的なシミの場合は、薄付きのファンデーションにカバー力の高いコンシーラーを使いましょう。
ファンデーションは全体に薄く付けるよう意識し、コンシーラーでシミのある部分を隠してきます。

人気美顔器の効果を斬る!

広い範囲で濃いシミが気になるという方は、カバー力の高さを優先的に考えましょう。
コンシーラーを使うと圧塗るになってしまうので、クリームファンデーションやケーキファンデーションといった、色味が強く肌への密着力が高いファンデーションを選びましょう。

色素が薄いけれど広範囲というシミは、カバー力もありながら厚塗りにならないクリームファンデーションかリキッドファンデーションを使いましょう。
シミが薄い肌に厚塗りをしてしまうと、逆にシミが目立ってしまいます。

ピーリング後は保湿ケアが必須!

ピーリング後は保湿ケアが必須!

ピーリングを行った後のスキンケアは、正しい方法で行いましょう。

ピーリングは、古い角質をそぎ落とし、肌のターンオーバーを促し新しく綺麗な肌を作り出す美容法です。古い角質は溜まり過ぎるとシミやくすみの原因となりますが、ピーリングで人工的に落とすと、肌の保湿力が一時的に低下してしまいます。

効果で選ぶおすすめ美顔器

保湿力が低下した肌は乾燥しやすい状態となり、外部からの刺激にも弱くなっています。この状態で放置しておくと、乾燥肌やシワ、たるみ、肌の炎症など、様々な肌トラブルを引き起こす原因となる可能性があります。
これを防ぐために、ピーリング後は保湿中心のケアを行いましょう。

スキンケアは化粧水、美容液、乳液、クリームなど基本的なものの使用で大丈夫ですが、含有成分は保湿成分が中心に配合されているものを選びましょう。
化粧水をたっぷりと使用して水分を肌に入れたら、乳液とクリームで水分が逃げないようにしっかりと蓋をしましょう。

たるみが原因のクマ改善方法

たるみが原因のクマ改善方法

目元のたるみによるクマは黒クマと呼ばれ、一度できてしまうと中々消えません。できる前に予防することが大切ですが、できてしまった場合は正しいケアで対処しましょう。

美顔器 効果あり

肌のたるみの原因の一つに、筋肉の衰えがあげられます。筋肉が衰えることでその上にある皮膚もたるんでしまい、黒クマの原因となってしまいます。
筋肉の衰えを防止するには、目の周りを動かすエクササイズをしましょう。目をぎゅっと閉じ5秒間、目を大きく開けて5秒間、これを1セットとして5回繰り返すことで、筋肉を鍛えることができます。

スキンケアによるたるみ改善も行っていきましょう。たるみに対してはハリ成分が効果的です。
ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどが中心となって配合されているスキンケアを使い、目元にハリを取り戻しましょう。

シミ対策にはピーリングがオススメ

シミ対策にはピーリングがオススメ

シミはできてしまう前に正しいケアで防ぐことができます。自宅でもできる簡単な方法としてオススメなのが、ピーリングです。

ピーリングとは肌の古い角質をそぎ落とし、新しい肌を作り出す肌のターンオーバーを促す美容法です。
シミができる大きな原因に肌のターンオーバーの滞りがあげられるので、ピーリングによるターンオーバーの刺激はシミ予防に効果が期待できます。

美顔器 効果なし

ピーリング剤は市販で様々なものが販売されています。シミに使いやすいのがピーリング入りの石鹸です。顔にも使える低刺激のものを選び、シミが気になる部分を洗顔しましょう。
その他にも、ジェルやローションなど、肌に優しいピーリングスキンケアは多く販売されています。自分の肌に合ったピーリング剤を見つけましょう。

乾燥が気になる肌に!ファンデーションにオイルを足して乾燥対策

乾燥が気になる肌に!ファンデーションにオイルを足して乾燥対策

メイク前にしっかりとスキンケアをしたのに、乾燥が気になるという場合、ファンデーションを塗るときにオイルを使うと効果的です。

用意するものはフェイス用のオイルと、使用しているファンデーションです。

人気美顔器とその効果!

パウダーファンデーションの場合、まず先にオイルを気になる部分に塗っておきます。肌に馴染んだらその上からファンデーションを乗せます。

リキッドやクリームファンデーションのように、一度手の平に出してから使用する場合、オイルを一滴混ぜます。混ぜたファンデーションを肌に乗せれば、乾燥から肌を守りながらファンデーションの馴染みがアップします。
この場合、オイルは肌に塗らず、ファンデーションに混ぜるだけで大丈夫です。
乾燥が気になるからと言ってオイルを塗り過ぎると、肌がべたつき化粧崩れが起こりやすくなってしまいます。

元気で長生きするために!「健康貯金」ってなんだ?

元気で長生きするために!「健康貯金」ってなんだ?

「できれば病気などせずに健康で長生きしたい」と
思っている方は多いでしょう。

そのためには、毎日の生活の中でコツコツと「貯金」をすることが
大事だという考え方があるんです。

その名も「健康貯金」です!

美顔器の気になる効果!

健康貯金とは、簡単に言うと、「身体に良い」行為を
毎日少しずつでもいいから行うことなんですよ。

例えば、野菜を充分に摂ったり、適度な運動をしたり、
趣味に打ち込んでストレスを発散したり、
質の良い眠りを確保したり…

何気ないことですが、これらの行為を毎日コツコツ繰り返すことで
健康でいられる確率が高まるのだそうです。

逆に、喫煙をしたり、過度に飲酒をしたり、
ストレスを受けたりすることは健康貯金を消費してしまう行為と言えます。

将来の健康のために、コツコツ努力することは大事!
貯金の消費を抑え、残高を増やすために毎日ちょっとだけ
意識していきたいですね。

気になる!韓国コスメは安心して使えるの?

気になる!韓国コスメは安心して使えるの?

韓国コスメって安いのに使用感が良いということで
人気がありますよね。
使っている方も多いので安心感も比較的高いですが、
調べてみると、やっぱり注意すべき点があるようです。

効果のある美顔器の見つけ方!

まずは成分について!
海外コスメ全般に言えることですが、日本に入ってきているものと
現地で売られているものでは微妙に成分が違うことがあるんです。

そのため、日本で手に入れて使用感が良かったから…と
現地で同じ名前の商品を買って使うと
肌に合わない場合もあるのだとか。

さらに、何らかの肌トラブルや異物混入などの異変があった時に
問い合わせ先がわからない…というリスクもあります。
現地で買ったコスメを使う時には、
お肌の状態をきちんと観察し、
トラブル時の問い合わせ先も確認しておきたいですね。

パンデミックの恐れも…「日本カビ」はどんな人が気を付けるべき?

パンデミックの恐れも…「日本カビ」はどんな人が気を付けるべき?

カンジダ・アリウス(通称:日本カビ)という真菌が
世界で猛威をふるっているというニュースを目にしました。

カンジダアリウスは日本人の研究者が発見したことから
「日本カビ」と呼ばれているそうですが、
近年、抗生物質や抗真菌剤に耐性のある種類が見つかって
話題になっているようですね。

美顔器って効果ないの?

海外では死者も出ているので日本への影響も心配ですが、
カンジダアリウスは健康な人にとっては
あまり心配する必要のないカビなんですって。

気を付けるべきなのは、入院している方や
抵抗力が落ちている方、抗真菌剤を使用している方…とのこと。
日本カビは病気療養中の方にとっては怖い菌なんですね!

まだ日本での感染は確認されていないようですが、
念のため今後のニュースはチェックしていきたいですね!