メイクでシミを隠すタイプ別ベースメイクの選び方

メイクでシミを隠すタイプ別ベースメイクの選び方

シミをメイクで隠したい、という方は、自分のシミのタイプによって合う化粧品を選びましょう。

部分的なシミの場合は、薄付きのファンデーションにカバー力の高いコンシーラーを使いましょう。
ファンデーションは全体に薄く付けるよう意識し、コンシーラーでシミのある部分を隠してきます。

人気美顔器の効果を斬る!

広い範囲で濃いシミが気になるという方は、カバー力の高さを優先的に考えましょう。
コンシーラーを使うと圧塗るになってしまうので、クリームファンデーションやケーキファンデーションといった、色味が強く肌への密着力が高いファンデーションを選びましょう。

色素が薄いけれど広範囲というシミは、カバー力もありながら厚塗りにならないクリームファンデーションかリキッドファンデーションを使いましょう。
シミが薄い肌に厚塗りをしてしまうと、逆にシミが目立ってしまいます。

Comments are closed.