Archive for 9月, 2017

活性酸素を減らす飲み物

活性酸素を減らす飲み物

活性酸素の増えすぎは肌の老化を招きます。今回は、手軽に活性酸素を除去できる方法の一つとして、抗酸化作用の高い飲み物をご紹介します。

抗酸化作用とは、体の酸化を防ぎ活性酸素を減らす働きを持っているものです。美容だけでなく、健康にも欠かせない働きとされ、幅広く使われています。
抗酸化作用の高い飲み物としてあげられる代表的なものが、緑茶、赤ワイン、ココア、豆乳です。
緑茶に含まれている抗酸化物質はカテキンです。殺菌作用も高く、美容だけでなく健康にも効果が期待できます。
効果のある美顔器
赤ワインとココアに含まれているポリフェノールは、自然界に存在する色素の一つで、抗酸化作用の中でも高い効果が期待できるとされています。
豆乳に含まれている抗酸化作用は、フラボノイドという成分です。こちらも色素の一つで、抗酸化作用による老化防止だけでなく、ウイルス感染やがん予防などにも効果が期待できると言われています。

ニキビ肌改善のための正しいスキンケアの使い方

ニキビ肌改善のための正しいスキンケアの使い方

ニキビ肌を改善するには、普段のスキンケアを見直す必要があります。何気なく使っているスキンケアですが、使い方次第でニキビを改善させることができますし、逆に悪化させる原因にもなります。
今回は、ニキビ肌を改善するための正しいスキンケアの使い方をご紹介します。

スキンケアで一番重要なのが、使う順番です。
洗顔後、まずは化粧水で肌の保水をしましょう。保水が足りない肌はニキビを悪化させたり、新しいニキビを作り出す原因となってしまいます。
化粧水の跡は乳液を付けます。すぐに付けるのではなく、化粧水が肌に馴染むまで5分ほど置きましょう。目元や口元、鼻などの凹凸部分は塗り忘れてしまいがちなので、指先に乗せて丁寧にムラなく付けましょう。
美顔器 効果
最後にクリームで蓋をします。美容液を使う場合は、クリームを塗る前に使いましょう。
鏡でチェックし、余分な油分が浮いている場合はティッシュで軽く押さえてオフしましょう。

ニキビとストレスの関係性

ニキビとストレスの関係性

ニキビの原因の一つにストレスがあげられます。
現代社会において、ストレスは誰もが抱える身近な問題です。ストレスはニキビだけでなく、美容や健康において様々な悪影響を及ぼします。

人間はストレスを受けると、自律神経の働きが乱れます。自律神経は体の様々な部位に働きかける重要な部位ですが、ストレスを受けることで自律神経に乱れが生じ、皮脂の過剰分泌が起こります。

過剰分泌された皮脂は毛穴に詰まり、菌と結びつき肌の上で炎症を起こします。これがニキビを作り出してしまうのです。
美顔器 効果 リボーン
ニキビを作りださないためには、ストレスを溜めないような生活が必要です。適度な運動やストレッチ、充分な睡眠時間の確保など、規則正しい生活習慣はストレスを溜めない体を作ってくれます。

また、趣味に没頭する、他人とお喋りするなども、ストレス解消の一つの手段です。ストレスを溜めすぎず、ニキビを作りださない肌環境を作りましょう。

背中のニキビ跡を消すには肌のターンオーバーが鍵

背中のニキビ跡を消すには肌のターンオーバーが鍵

背中ニキビの跡をセルフで消す場合、肌のターンオーバーを促すことが一番効果的です。肌のターンオーバーによりニキビ跡がない新しい肌をつくりだしましょう。

肌のターンオーバーのためには、外側からのケアと内側からのケアを同時に行っていきましょう。
まず外側からのケアは、漂白効果のあるビタミンC誘導体が配合されたスキンケアを使うようにしましょう。背中は手が届きにくい場所なので、スプレーなどを使いケアを行いましょう。
美顔器 効果 エステナードリフティ
内側からのケアは、成長ホルモンの分泌が効果的です。成長ホルモンが多く分泌されることで肌のターンオーバーが促されます。成長ホルモンが最も多く分泌されるのは夜の22時から2時の間です。この時間帯に深い眠りに付けるような生活習慣を心がけましょう。